虫歯治療

虫歯の原因

お口の中には、たくさんのばい菌(細菌)がいます。
その中のミュータンス菌、ラクトバチラス菌が虫歯の原因と言われています。
この虫歯菌が食べ物のなかの砂糖を栄養に、歯の表面にネバネバした物を作ります。そのネバネバした物の中に虫歯菌や他の黴菌が住み着き、どんどん増えていきます。
これが歯垢(プラーク)といわれるものです。

歯垢中の虫歯菌は食べ物の中の”糖分”を材料にして”酸 “を作り、
次第に歯の表面のエナメル質を溶かしはじめます。そして、進行し穴となり虫歯となります。

POINT

まずは患者さんのお話をお聞きします。

患者さんが今一番気になっていること、治療に対する希望などをお話下さい。
虫歯や歯周病についてできるだけわかりやすく説明します。
患者さんに虫歯や歯周病について理解していただく事が、治療を進める上でとても大切です。
なぜなら虫歯や歯周病は生活習慣病なので、患者さんの協力がなければ、治療終了後に良好な状態を保つことは出来ないからです。

POINT

治療だけでなく、アフターケアも大切に…

噛み合わせを大事に考え、虫歯の菌を殺すだけでなく、お口の環境を整えることに力を入れています。

そうしたことによって、将来への悪化を防ぎます。

虫歯予防について

虫歯は、原因菌(強弱および活動性)、食生活(主に砂糖摂取)、歯の質(強弱)という
3要素が絡み合って起こる病気です。

原因菌(強弱および活動性)

食生活(主に砂糖摂取)

歯の質(強弱)

これら全ての要素が理想的な場合、
理論的には虫歯は起こりません。

虫歯予防には次のようなものがあります。

  1. ブラッシング(歯磨き):原因菌の減少、清掃
  2. 食生活改善(砂糖摂取制限):原因菌のエネルギー源を断つ
  3. フッ素の使用:歯質の強化
  4. PMTC(歯のクリーニング):ブラッシングで落とせない歯垢の除去
  5. 3DS:虫歯菌の口腔内から除菌

以上の予防法が完全に行われれば、虫歯の発生率は半分以下になることは
すでに証明されています。

ほしたに歯科は、患者さんの立場に立った出来る限り保険内での治療を心がけております。